2019 スローシティ旅行年 20選
05

風の城で育む絶品ビーフン新竹市・旧城

台湾各地にある城隍廟の中でも、廟前と廟の周囲が大きな屋台エリアになっているのはこの新竹城隍廟のみと、台湾でも珍しい光景を見ることができます。ここに祀られている城隍爺は乾隆年間からの廟として歴史的価値もあり、現在でも当地の人々の信仰を集めています。壮麗な建物は、現在市定古跡にも登録されており、天井の梁と神様の彫刻、正門の一対の獅子は一見の価値があります。
城隍廟を見学した後は、ぜひ新竹名物の屋台街を巡ってみてください。必食グルメは新竹名物の「米粉(ビーフン)」と「貢丸(肉団子)」で、城隍廟の屋台街で味わえます。廟の屋根と屋台エリアはつながっており、廟の周囲もびっしりと屋台が取り囲んでいるため、他の廟とは異なる独特な雰囲気を作り出しています。
その他、新竹の文化的なシンボルとして、今では伝統と現代テクノロジーを融合させた外観の市民の憩いの場となっている竹塹城門前の広場や、「台湾で最も美しい駅」といわれ、東京駅と姉妹駅でもある「新竹駅」など、歴史と文化を感じることができます。

Taiwan The heart of Asia