2019 スローシティ旅行年 20選
06

東方美人茶の里を歩く新竹県・北埔

新竹県西部に位置する北埔は、台湾の中で最も客家の文化が色濃く残る町。はるか昔、大陸から台湾へ移住してきた客家の人々の多くが今でもこの地で暮らしており、町には昔ながらの家屋や店舗などが並びます。
歩いているだけで客家文化を楽しめると言われるのが「北埔老街」。清朝時代からにぎやかな商業の中心であったこの地には、活気のある商店や食堂だけなく、清代建立の「北埔慈天宮」、西洋建築の代表「姜阿新宅」といった古跡にも指定されている貴重な歴史的建築物が並びます。
メインストリートから外れた路地裏を歩くと、古民家を活用した食堂やカフェがあり、客家の伝統的なグルメを楽しむことが出来ます。おすすめは、客家名物の「擂茶」。来客をもてなす際に出す伝統的なお茶で、茶葉や数種類の穀物をすりつぶしてお湯を注ぎます。どこか懐かしくなる町並みを眺めながら客家の伝統的な風情を感じてみては。

Taiwan The heart of Asia