メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツ

20年東京、全会場満員に 日本パラリンピック委員会会長・鳥原光憲

インタビューに答える鳥原光憲・日本パラリンピック委員会会長=東京都港区で、武市公孝撮影

 2020年東京五輪閉幕後に実施される東京パラリンピック(20年8月25日開幕)まで2000日を切った。夏季大会としては初めて、同一都市で2回目の開催となる東京大会。先月末に国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に提出した大会開催基本計画にも「パラリンピックの評価が大会全体に対する国内外からの評価を左右する」と明記された。これまでの障害者スポーツの歩みを振り返るとともに、5年後の舞台を目指すアスリートたちの表情や支える人々の取り組みを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1493文字(全文1732文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです