メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツ

パラリンピックの魅力 ゴールボール

ゴールボール女子で2位となった日本チーム=10年広州アジアパラ競技大会で越智貴雄さん撮影

 ゴールボールは視覚障害者を対象とした対戦型の団体球技だ。1チーム3人でバレーボールと同じ大きさのコートを使い、前後半各12分ハーフで行う。 

     ゴールは幅9メートル。選手は目隠しをしなければならず、鈴の入ったボールを転がすように投げ、ゴールを狙って得点を争う。選手はボールが転がる鈴の音や気配でボールの動きを探り、手足を伸ばしてゴールを守る。

     日本には1982年に初めて紹介され、2004年のアテネ・パラリンピックで日本の女子チームが初出場を果たし、銅メダルに輝いた。また、日本女子は12年ロンドン・パラリンピックで優勝。パラリンピックの団体球技では日本勢で初の金メダルを獲得した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋高速大高線 走行中バスから落下 複数の荷物道路に
    2. 大相撲 貴乃花親方 元日馬富士暴行事件の見解公表
    3. 中塩美悠の青いバラ 頭を一度白紙に戻すと決心
    4. 傷害 患者の歯、不必要に削る 容疑で岡山の歯科医逮捕 /岡山
    5. 記者有情 コスプレの夏 /福岡

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]