メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツ

パラリンピックの魅力 車いすラグビー

車いすラグビーの日本−ドイツ戦=08年北京パラリンピックで越智貴雄さん撮影

 車いすラグビーは手足(四肢)に障害がある人を対象とした団体球技。四肢まひ者がチームで楽しめるスポーツとして1977年にカナダで考案された。1チーム4人で、バスケットボールのコートでバレーボールと同じ大きさの球形のボールを使って行う。試合は4ピリオド制で1ピリオド8分。 

     選手はボールを膝にのせたり、パスをしたりしながら前進。ボールを持った選手がコート両脇のゴールラインを通過すれば1得点となる。健常者のラグビーとは違って前方へのパスも許される。

     パラリンピックでは2000年シドニー大会から正式に採用。日本は04年アテネ大会から3大会連続で出場している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. 加計学園 首相面会否定、愛媛知事「ありえない」
    4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
    5. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]