メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

スポーツ庁誕生の巻

東京五輪のためだけじゃない 生涯にわたって楽しもう

[PR]

虎鉄先生が、これからスポーツがますます盛り上がると嬉しそうです。 何かあったのでしょうか。 2015年10月にスポーツ庁ができるのです。 2020年の東京五輪、パラリンピックに向け選手強化が進んでいますね。 東京五輪で国は金メダル数、世界3位を目標にしています。 日本オリンピック委員会(JOC)は15年度からの6年間で 計1000億円以上の強化費を要望しています。 しかし、スポーツ庁は東京五輪のためだけのものではありません。
スポーツ庁の目的は、国民全員がスポーツを通じて幸福になる社会の実現です。 役所まで作ったわけは、これまで複数の省庁にまたがっていた政策をまとめるためですね。 スポーツ庁の組織は5課121人体制です。
東京五輪ばかり注目していましたが、市民レベルのスポーツもあります。 健康増進のための学校体育や、生涯スポーツの推進ですね。 国民がスポーツをすることで、年間約40兆円に上る医療費の抑制につながるそうです。 そのためには誰もが楽しめるスポーツ環境の整備が重要ですね。
体育館や球技場の多くは、トップスポーツに使われ市民が手軽に親しめる施設とは言えません。 これらの問題を解消することもスポーツ庁の使命の1つです。 学校教育と運動部活動も大事なスポーツですね。 学校現場では専門知識に乏しく、競技経験のない教諭が指導したり、 競技成績にこだわり指導から体罰につながったりすることも問題になっています。 虎鉄先生が指導の仕方を指導するとはりきっています。 これで先生の資質は向上し、金メダルも倍増するのだと自信ありげですが… ケビンと俊輔は心配だという様子です…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです