メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
五輪エンブレム撤回

大会組織委と一問一答(1)

 アートディレクターの佐野研二郎氏が制作した2020年東京五輪・パラリンピック両大会の公式エンブレムの使用中止を受けて、大会組織委員会は1日夕、都内で記者会見を開き、武藤敏郎事務総長と槙英俊マーケティング局長が経緯を説明した。主な一問一答は以下の通り。【石戸諭、大村健一/デジタル報道センター】

 武藤 東京2020大会のエンブレムにつきましては、(似ていると訴えているベルギーの)リエージュ劇場のロゴとの違いについて説明してきた。先日はそもそも佐野さんが作ったものがリエージュのロゴとは違うと申し上げるために、審査委員会で1等になった当初案を皆様方に発表した。それが世界中の商標登録と問題ないかチェックした結果、似たようなロゴがあることがわかり、対処すべきであるという話になり、修正することになった。第1次修正案を組織委員会がチェックし、最終案にした。

 それが皆さんにご覧いただいた五輪のエンブレムでありました。それはリエージュのロゴとはコンセプトは違…

この記事は有料記事です。

残り2914文字(全文3340文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. JOC 理事会を非公開に 「議論活性化のため」 「時代に逆行」批判も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです