メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

自転車開催 伊豆市、垂れ幕で祝う 市長、来夏リオ視察 /静岡

五輪会場決定の垂れ幕を前に、喜ぶ市民=伊豆市修善寺で

 2020年東京五輪の自転車競技が伊豆市で開催されることが決まったのを受け、同市は10日、同市修善寺の修善寺総合会館に決定を伝える垂れ幕を掲げた。また、菊地豊市長が来年8月にブラジル・リオデジャネイロで開かれる五輪を視察するなど、市は対応強化に乗り出した。【石川宏】

 開催が決まったのは、トラックとマウンテンバイク(MTB)の2種別。同市大野の日本サイクルスポーツセンターにあるドーム型屋内競技場「伊豆ベロドローム」などを使用する。

 この日、会館前には、周辺自治体を含め約150人が詰めかけた。「祝 競技会場決定! 自転車競技 トラ…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです