メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

サクラ咲いた スポーツ2015の巻

五郎丸ポーズに列島熱狂 なでしこ準V 羽生は最高得点を連発

[PR]

2015年もスポーツが盛り上がりました。まずはやっぱりラグビーですね。 ワールドカップ(W杯)1次リーグ初戦で、当時世界3位の南アフリカに歴史的勝利をしました。FB五郎丸歩選手の正確なキックのたまものでした。 ラグビーは、女子や車いすも活躍しています。2016年リオデジャネイロ五輪ラグビー7人制では、男女ともに出場権を獲得しました。車いすラグビーはアジア・オセアニア選手権で初優勝し、パラリンピックへの出場権を得ました。
野球も負けてはいません。 セ・パ両リーグで「打率3割30本塁打30盗塁」の「トリプルスリー」を達成した選手も出ました。 ヤクルトの山田哲人選手はプロ野球史上初の本塁打王と盗塁王を同時獲得。日本ハムの大谷翔平選手は最多勝・最優秀防御率勝率の投手3冠、ソフトバンクの柳田悠岐選手は初の首位打者にもなりました。 山田選手と柳田選手はトリプルスリーを達成しています。 夏の高校野球も盛り上がりましたね。 1年生で2本塁打をマークした早稲田実の清宮幸太郎選手と、50メートル5秒96の関東一のオコエ瑠偉選手です。中日の山本昌投手らが引退する中、若い選手の活躍が楽しみですね。
サッカーも忘れては困ります。例えば女子ワールドカップです。 連覇はなりませんでしたが、準優勝だったのですから。引退を表明した澤穂希選手にとって6度目の大舞台で、最後のW杯でした。 体操の活躍も注目されました。リオデジャネイロ五輪の予選を兼ねた英国での世界選手権で、男子団体は78年のフランス大会以来、37年ぶりの優勝を果たしました。 日本のエース内村航平選手は自身初の大会3冠で、通算の金メダル数は自らの日本人最多記録を更新する10個となりました。
水泳の世界選手権では瀬戸大也、星奈津美、渡部香生子の3選手が金でした。 フェンシングも太田雄貴選手が世界選手権で日本人初の優勝をしました。 善蔵さんは最近、フィギュアスケートに注目しているそうです。 グランプリ(GP)ファイナルも盛り上がりましたが、1シーズン休んで復帰した浅田真央選手は失意の6位でしたね。ところが、注目と言いながら善蔵さんはGPファイナルを知らないようです。 男子シングルは羽生結弦選手が優勝し、自身の持つ歴代最高得点を更新、男子初の3連覇でしたのにね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです