メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

組織委副会長の豊田氏が辞任

トヨタ自動車の豊田章男社長=東京都文京区で2015年5月、内藤絵美撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、トヨタ自動車の豊田章男社長(59)が組織委副会長を辞任したと発表した。本人から今月18日に申し出があり、21日付で了承された。後任にはパナソニックの津賀一宏社長(59)が就任する予定で、近く、理事会・評議員会を開いて正式決定する。

     豊田氏は経済3団体でつくる「オリンピック・パラリンピック等経済界協議会」会長を務めており、組織委によると、経済界として五輪に要望する側と、要望を受ける側の「兼任」は望ましくないと判断した。

     さらに、豊田氏は大会公式エンブレムの白紙撤回を受けて発足した改革チームで座長を務めていたが、トヨタの生産方式として知られる「見える化」などを導入する組織運営改革案が今月18日の理事会で承認されたことから、改革に一定の道筋が付いたと判断し、この時期での辞任を決めた。豊田氏は「経済界としての大会支援に専念する」とコメントした。【芳賀竜也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]