メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪がつなぐ夢

1964−2020/3 東京・棒高跳び 小倉(旧姓・大坪)政士さん(77) /千葉

東京五輪で使用したポールを手に思い出を語る小倉さん=君津市で

硬いポール、体悲鳴 完治せず、現役最後の舞台に

 左ももが痛む。肉離れは治らなかった。「でも、やるしかない」。ポールを握る。助走に入った。だが、スピードは上がらない。しなったポールに体を預け、上へ上へ−−。結果は自らの日本記録を50センチも下回る4メートル20。決勝に進むことすらできなかった。「終わった。もう限界だ」。1964年東京五輪が、現役最後の舞台となった。

 小倉(旧姓・大坪)政士さん(77)=君津市=は、木更津第二中1年の時、校内のマラソン大会で1位にな…

この記事は有料記事です。

残り1304文字(全文1536文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです