メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水球

リオ五輪県勢第1号の水球男子・志水主将、後輩にエール「夢はかなう」 故郷・熊本市で練習指導 /熊本

 1984年のロサンゼルス大会以来、32年ぶりの五輪出場を決めた水球男子の「ポセイドンジャパン」主将で熊本市出身の志水祐介選手(27)が5日、熊本市南区のアクアドームくまもとで、ドリブルシュートなどを披露した。熊本ジュニア水球クラブと熊本国府高水球部の男女約70人を前に「夢は大きく。そしてかなう」。県勢のリオデジャネイロ五輪第1号はそんな思いを胸にアジア最強のプレーと水球の楽しさを伝えた。

 昨年12月のアジア選手権で優勝し五輪出場を決めてから初めて迎えた新年。志水さんは中学2年の時、熊本…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文564文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです