メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・東京五輪・パラリンピック

「障害」理解へ国際貢献 子供の段階から交流を /東京

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致で、安倍晋三首相は「スポーツ・フォー・トゥモロー」(SFT)を提唱した。政府主導で14年から7年間、開発途上国をはじめ100カ国以上、1000万人以上を対象に推進するスポーツを通じた国際貢献事業だ。事務局を置く日本スポーツ振興センター(JSC)をはじめ、NPO、大学、企業などのSFTの取り組みを紹介する。【新井隆一】

 2015年11月下旬、東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校に、3〜6年生の6人と、筑波大付属小…

この記事は有料記事です。

残り1544文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです