メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・東京五輪・パラリンピック

「障害」理解へ国際貢献 子供の段階から交流を /東京

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致で、安倍晋三首相は「スポーツ・フォー・トゥモロー」(SFT)を提唱した。政府主導で14年から7年間、開発途上国をはじめ100カ国以上、1000万人以上を対象に推進するスポーツを通じた国際貢献事業だ。事務局を置く日本スポーツ振興センター(JSC)をはじめ、NPO、大学、企業などのSFTの取り組みを紹介する。【新井隆一】

 2015年11月下旬、東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校に、3〜6年生の6人と、筑波大付属小…

この記事は有料記事です。

残り1544文字(全文1774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  5. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです