メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊リオ五輪

頂を目指して 男子体操 完璧な演技こそ目標 森泉貴博・日本代表コーチ

=田原和宏撮影

 <RIO2016>

 内村航平が「あの人はすごい」と絶大な信頼を寄せるコーチが、指導者の一人として1996年アトランタ五輪から日本代表を支え続ける森泉貴博コーチ(45)だ。内村の強さを陰で支える森泉コーチに、リオに向けた戦略などを聞いた。【聞き手・田原和宏】

 −−世界選手権の個人総合では、内村に団体で失敗した鉄棒の大技を抜くように指示。実績のある選手に対して難度を落とせと簡単には言えない。

 ◆技自体は成功していたが、会場練習などでバーの硬さが合わなくて調整に苦労していた。団体ではその状況…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1175文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. WHO、「ゲーム障害」を新たに依存症として認定
  3. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
  4. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山
  5. 珍しい双子同場所V 貴源治初の十両優勝 兄・貴ノ富士も前日幕下優勝

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです