メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もう一度読みたい

<1964東京五輪 3>民泊の先駆け 選手村で神前結婚式

オリンピック気分を盛りあげる銀座の聖火ネオン

 1964年に開催された東京オリンピックからえりすぐりの記事を紹介する「もう一度読みたい<1964東京五輪>」。第3回は五輪の周辺で起きていた出来事についてです。熱狂を示すように、五輪関連の記事は競技以外も多く出稿されています。最近、訪日外国人観光客の増加に伴って話題となっている「民泊」は、半世紀以上前の東京五輪でも注目されていました。選手村で神前結婚式を挙げたブルガリア人選手のカップル、五輪記念切手の偽造などの事件の記事も併せてご覧ください。【大村健一/デジタル報道センター】

 東京五輪の期間中、約280軒の個人宅に約600人の外国人観光客が泊まった。訪日観光客の急増で大都市…

この記事は有料記事です。

残り4772文字(全文5063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです