メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度読みたい

<1964東京五輪 3>民泊の先駆け 選手村で神前結婚式

オリンピック気分を盛りあげる銀座の聖火ネオン

 1964年に開催された東京オリンピックからえりすぐりの記事を紹介する「もう一度読みたい<1964東京五輪>」。第3回は五輪の周辺で起きていた出来事についてです。熱狂を示すように、五輪関連の記事は競技以外も多く出稿されています。最近、訪日外国人観光客の増加に伴って話題となっている「民泊」は、半世紀以上前の東京五輪でも注目されていました。選手村で神前結婚式を挙げたブルガリア人選手のカップル、五輪記念切手の偽造などの事件の記事も併せてご覧ください。【大村健一/デジタル報道センター】

 東京五輪の期間中、約280軒の個人宅に約600人の外国人観光客が泊まった。訪日観光客の急増で大都市…

この記事は有料記事です。

残り4772文字(全文5063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです