メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
We・東京五輪・パラリンピック

学生が途上国体育支援 国際武道大、動画配信や講習会 /東京

 2020年東京五輪・パラリンピック開催まで、100カ国以上・1000万人以上を対象に推進するスポーツ国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」(SFT)。国の事業のほか、NPOや大学による事業も審査を通ればSFT事業と認定される。今回は国際武道大(千葉県勝浦市)の取り組みを紹介する。【新井隆一】

 学生たちが、組み体操やキックベースなどの体育実技を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する国際武道大。東南アジアの発展途上国・カンボジアで運動会や体育の支援活動を行うプロジェクトの一環だ。カンボジアは1970年代からの内戦の影響で教員数や設備が十分でなく、体育の授業が少ない学校も数多く存在する。現地を訪れた経験がある体育学部3年、鶴田有哉さん(21)は「小学校の地面に大きな石があるなど、環境が悪い」と実情を明かす。

 その一方で、カンボジアではスマートフォンが普及し、ユーチューブや交流サイト「フェイスブック」を利用…

この記事は有料記事です。

残り1342文字(全文1752文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです