メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニリポ

パラリンピックへの道 羽ばたけ、鳥取からリオへ 日本パラ陸上選手権、4月末開幕 平井・鳥取県知事に聞く

インタビューに答える平井伸治・鳥取県知事

 <ユニバーサルスポーツ・リポート>

 リオデジャネイロ・パラリンピックの選考会を兼ね、障害者陸上競技の日本一を決める「第27回日本パラ陸上選手権大会」が4月30日から2日間、鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場で開催される。これまでの開催地は大阪市で、地方都市での開催は初めて。鳥取県の平井伸治知事に、大会招致の経緯や意義について聞いた。【聞き手・真下信幸】

 −−なぜ鳥取県が大会を招致したのですか?

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文997文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです