メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

コソボ背負い五輪へ

柔道場「IPPON」で、祖国の名「KOS(コソボ)」を背につけた道着を着て技を磨くマイリンダ・ケルメンディさん(左)。練習は通常午前と午後の1日2回。道場から300メートルほどの自宅に両親らと暮らす=コソボ・ペヤで2016年1月18日、和田大典撮影

 「私はここで生まれ、生活のすべてはこの小さな町にある。コソボ代表で五輪に出られるのは夢が一つかなうような気持ち」。バルカン半島の旧ユーゴスラビア最後の独立国コソボ。西部の町ペヤ(人口約10万人)にある私設柔道場「IPPON」で練習に励むマイリンダ・ケルメンディさん(24)は笑顔で語った。リオデジャネイロ五輪で柔道女子52キロ級に出場する予定だ。

 2度目の五輪で初めて祖国の旗を背負う。コソボは2008年に独立したが、12年のロンドン大会では国際…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文976文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです