メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンクロナイズドスイミング

日本、眼中は1位通過のみ 五輪メダル見据え、きょうから世界最終予選

 シンクロナイズドスイミングのリオデジャネイロ五輪世界最終予選は2日、五輪テスト大会を兼ねてブラジルのリオデジャネイロで開幕する。日本代表は、昨夏の世界選手権で獲得できなかったチーム種目の出場枠を懸けて5日から登場。主将の乾友紀子(井村シンクロク)は「五輪でもメダルを取らないと失敗という位置に来た」と意気込み、予選トップ通過を目指す。

 8人で演技するチーム種目に出場できるのは8カ国・地域。五つの大陸出場枠のうち、アジア枠は世界選手権…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

  3. 秋の高校野球 秋季北信越地区高校野球大会 きょう準決勝 ライブで中継 /石川

  4. プリンセス駅伝in宗像・福津 あす号砲 出場チーム紹介(その1)

  5. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです