メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンクロナイズドスイミング

日本、眼中は1位通過のみ 五輪メダル見据え、きょうから世界最終予選

 シンクロナイズドスイミングのリオデジャネイロ五輪世界最終予選は2日、五輪テスト大会を兼ねてブラジルのリオデジャネイロで開幕する。日本代表は、昨夏の世界選手権で獲得できなかったチーム種目の出場枠を懸けて5日から登場。主将の乾友紀子(井村シンクロク)は「五輪でもメダルを取らないと失敗という位置に来た」と意気込み、予選トップ通過を目指す。

 8人で演技するチーム種目に出場できるのは8カ国・地域。五つの大陸出場枠のうち、アジア枠は世界選手権…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文599文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです