メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントラージュ・支える人々

リオ五輪 第6部 大学のチカラ/2 韓流直伝、土台作り アーチェリー 近大・金コーチ

近大で部員を指導する金清泰コーチ(奥)=奈良県生駒市で2015年12月18日、三浦博之撮影

 アーチェリー女子の川中香緒里(24)=ミキハウス=は近大1年だった2010年のある日、韓国出身の金清泰(キム・チョンテ)コーチ(35)に尋ねた。「五輪に出るにはどうしたらいいですか?」。2人はこの年、ともに近大入り。鳥取・米子南高時代から頭角を現した川中は、2年後の12年ロンドン五輪出場を目標としていた。そのホープに、00年シドニー五輪男子団体金メダリストは日本語で答えた。「今の練習量だと少なすぎる。1日500本ぐらい撃ったら出られるよ」。穏やかな口調だったが、要求するレベルは高かった。

 川中はそれ以降、金コーチの教えを忠実に守った。それまでは1日100〜300本の練習だったが、夕方の…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1128文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです