メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
We・東京五輪・パラリンピック

組織委員会ってナンだ?/3 多くの声集め3ビジョン 史上最も革新的な大会に /東京

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会を解き明かすこの企画。皆さんは大会のビジョンをご存じだろうか。「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」。この三つを基本コンセプトに「史上最もイノベーティブ(革新的)で世界にポジティブ(積極的)な改革をもたらす大会にする」という。【山本浩資】

 組織委発足から2年。その仕事で特に注目されたのは、競技会場の見直しである。招致段階の開催計画「立候補ファイル」から、新たな恒久施設や仮設会場の整備をやめ、既存施設に会場を移した。全28競技中11競技で見直し、約1800億円の経費削減につながったという。

 その中心にいた会場整備局長の福島七郎さん(66)は東京都の元技監で、1964年五輪時は中学3年生だ…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです