メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
We・東京五輪・パラリンピック

組織委員会ってナンだ?/4止 職員の結束が成功の鍵 理念・価値観を共有化 /東京

昨年11月に新設された「改革推進室」。工程の進捗(しんちょく)状況を壁に貼って「見える化」し、業務改善に取り組んでいる=組織委員会の「虎ノ門オフィス」で

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会時に「職員7000人」となる計画が進む。そんな中、さまざまな組織・団体から集まった人たちの意思疎通がうまくいくか心配する声もある。いかにして「急造チーム」の結束を高めるか。そのために「スピリット」と名付けられた理念・価値観が存在した。【山本浩資】

 昨年5月、東京都内のグラウンドで、組織委の職員とその家族計約300人が集まって、レクリエーションが行われた。コミュニケーションを深めるのが目的。スポーツなどをした後、バーベキューを楽しんだ。警察官と泥棒に分かれた鬼ごっこでは、警察から出向中の職員が黒のスーツとサングラス姿で、泥棒役を追いかける光景が見られた。

 「泥棒を見ると、警察官は本気を出しちゃうから」。総務局長の雑賀(さいか)真さん(60)が笑顔で、そ…

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1755文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです