メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬術

法華津、最年長五輪断念 代表選考基準満たせず

ロンドン五輪の馬場馬術個人1次予選で愛馬ウィスパーに騎乗して演技する法華津寛=ロンドンのグリニッジ公園で2012年8月2日、佐々木順一撮影

 2012年ロンドン五輪の馬場馬術代表で、75歳の法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)が出場に意欲を示していたリオデジャネイロ五輪を断念したことが17日、関係者の話で分かった。日本連盟が6月に予定する馬場馬術の日本代表選考会の参加資格を満たせなくなり、本人から「今回は諦めた」との連絡があったという。法華津は出…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです