メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
競泳

14歳酒井、背泳ぎの星 20年ぶり中学生五輪代表

競泳ジャパンオープンで女子100メートル背泳ぎを制した酒井の泳ぎ=東京辰巳国際水泳場で2016年5月20日、梅村直承撮影

 東京辰巳国際水泳場で開かれている競泳のジャパンオープンで、20年ぶりとなる中学生五輪スイマーに選ばれた酒井夏海(なつみ)=スウィン南越谷=が存在感を発揮している。20日の女子100メートル背泳ぎは1分0秒74で優勝。だが、記録ではオープン参加扱いの香港選手に100分の4秒及ばなかったため、「タイムはそこそこだと思っていたので悔しい」と負けん気を強くした。

 さいたま市立土合(つちあい)中3年の14歳。中学生の競泳五輪代表は1996年アトランタ五輪の青山綾…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文737文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです