メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本種目別選手権 世界最強の5人

 リオデジャネイロ五輪の最終選考会を兼ねた体操の全日本種目別選手権は最終日の5日、東京・国立代々木競技場で各種目の決勝が行われ、男子は19歳の白井健三(日体大)が初の五輪代表に選ばれた。ロンドン五輪代表の田中佑典(コナミスポーツ)と山室光史(同)も代表入りし、決定済みだった内村航平(同)と加藤凌平(同)を含めて5人の代表が出そろった。

 男子は五輪の団体総合決勝を想定し、4月の全日本個人総合選手権、5月のNHK杯と今大会の結果を基に得…

この記事は有料記事です。

残り2116文字(全文2334文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです