メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントラージュ・支える人々

リオ五輪 第13部 日本が誇る指導者たち/1 「シンクロの母」帰還

真剣な表情で選手の脚技を見極める井村ヘッドコーチ=三浦博之撮影

 長いトンネルをようやく抜け、五輪メダル奪還に光明が差し込んだ。昨夏、ロシア・カザンで行われた水泳の世界選手権。シンクロナイズドスイミングで日本は、4大会ぶりに銅メダルを獲得した。立役者は2014年に日本代表チームの指導へ復帰した井村雅代ヘッドコーチ(65)だ。

 五輪のメダルも08年北京五輪デュエットの銅が最後。その時の選手はもういない。日本チームには「負け癖」がはびこっていた。「あなたたちはメダルを取らずに帰るのに慣れているかもしれないが、私のプライドはそれを許さない」。井村氏は活を入れた。

 人呼んで「シンクロの母」。1978年から日本代表コーチを務め、シンクロが正式種目となった84年ロサ…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです