メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

会場整備急ぐ あと1カ月

市中心部から五輪会場へ向かうために通るトンネルに掲げられたリオ五輪のマークと標語。「新しい世界」と書かれている=リオデジャネイロで2016年6月29日、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ山本浩資】南米初開催となるリオデジャネイロ五輪開幕まで5日であと1カ月。遅れていた会場や関連インフラの整備は急ピッチで進む。一方、各国で続発するテロやリオの治安悪化を受け、警備は強化される見通し。

 リオ市によると、会場整備では計画の約94%が完成した。仮設スタンドや電気関係の工事などが残っており…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです