メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露ドーピング

「陸上競技葬り去った」イシンバエワが批判

エレーナ・イシンバエワ=平田明浩撮影

 ロシアスポーツ界の国ぐるみのドーピング違反に関して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、8月のリオデジャネイロ五輪への出場を希望する同国陸上競技選手の訴えを認めない判断をした。【小林悠太、芳賀竜也】

 CASの裁定内容について国際陸上競技連盟は「公平な環境を選手たちに作った。クリーンな選手を守り、大会の高潔性と信用を支える」との声明を出した。国際陸連のセバスチャン・コー会長は「私たちのルールが支持されたことに感謝するが、勝利宣言の日ではない」とコメント。「リオ五輪以降もロシアの陸連とチームが国際大会に戻ってこられるよう、ロシアが選手のためにクリーンで安全な環境を確立することに協力する」と、今後も反ドーピングの取り組みを続けることを表明した。

 ロシア・オリンピック委員会は20日の役員会で陸上選手68人を含む387人の選手団をリオ五輪に送るこ…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです