メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

柔道ってどんなスポーツ?の巻

嘉納治五郎が創始した日本の「お家芸」 一本取って勝負を決めろ

[PR]

いよいよリオ五輪の開幕ですね。 響さんが注目している競技は柔道。 ロンドンで男子は金メダルを取れなかったので、今回はとってほしいですね。 ところで、柔道は「日本のお家芸」と言われていますが、 国際化に乗り遅れた面も否めません。 どうしてなのでしょう。 そもそも柔道が五輪種目になったのはいつからなのでしょうか? 護身術や捕縛術だった柔術を1882(明治15)年に「柔道」と改め、講道館を創設した嘉納治五郎が、日本人初の国際オリンピック委員会委員となり、世界に普及させました。 男子は1964年東京大会、女子は92年バルセロナ大会から正式種目です。
柔道は技の判定で勝敗を決める競技ですが、礼に始まり礼に終わります。 単なる格闘技とは違うのです。 試合時間は男子5分、女子4分。 10m×10mの試合場で戦います。 柔道の基本理念は「柔よく剛を制す」。 一本背負投や大外刈(おおそとがり)など、一瞬の駆け引きで決まる「投げ技」は見どころの一つです。
また抑え込んだり締めたりして相手の自由を封じる「固め技」もあります。 腕ひしぎ十字固めや袈裟(けさ)固めがこれに当たりますね。 技の精度は基本的に主審と副審2人の計3人が判定。 「一本」の条件は、 ・「速く」「強く」「背中が大きく床に着くように」投げる ・「参った」と表明する ・20秒間抑え込む の三つです。 「技あり」は、二つ取ると「一本」となり、勝敗が決まります。 「有効」は、いくら取っても「技あり」にはなりませんが、判定での勝敗に関わります。 柔道のルールには、いろいろな変化も起きてきました。 例えば2000年のシドニー大会から登場したカラー柔道着。 テレビの視聴者に勝負を分かりやすくするために導入されました。
またポイントを重ねて判定での勝負に持ち込む場合に 「柔道じゃない」と嘆く声もあります。 日本柔道界はそのために弱くなってしまったのでしょうか? どうでしょうね。 柔道界は筋トレを「動きが硬くなる」と敬遠してきたそうです。 日本男子代表の井上康生監督はパワー負けを感じ、筋力強化を進めてきたそうです。 消極姿勢にはすぐ「指導」が出され、攻め合いを促すようルールも改正されました。 日本の注目選手を挙げると、男子は羽賀龍之介選手、 ベイカー茉秋選手、永瀬貴規選手。 女子は近藤亜美選手、中村美里選手、松本薫選手。 響さんも柔道を始めたくなったようです。 「一本」が「1ピース」、「技あり」が「ハブアスキル」? 柔道用語は世界でそのまま通じますよ。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 大津保育園児死亡事故、直進の女性不起訴 大津地検「刑事責任を問える過失は認めがたい」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです