メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

リオで新しい歴史作る 手倉森誠・五輪代表監督(48)に聞く

=森田剛史撮影

 リオデジャネイロ五輪に臨む男子日本代表を率いる手倉森誠監督(48)にブラジル出発前の7月中旬、チーム作りの手応えや本大会への意気込み、若手の強化育成など日本サッカーへの思いを聞いた。【構成・大島祥平】

 −−大会までの調整は?

 ◆メンバー発表してから実はものすごく落ち着いている自分がいる。ブラジルで詰めていく事も鮮明に描けている。クラブには迷惑をかけるが、選手たちは基本的にリーグ戦の最中で試合をする体力は十分にある。気を付けなければいけないのは時差と暑熱対策。何かを強化して挑まなければというよりも、コンディション調整を的確に進めていかなければならない。

 −−メダルを取るためには6試合戦う必要がある。大会のピーキングはどう描いているか。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです