メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

トップ選手参加、条件

 野球・ソフトボールが12年ぶりに五輪舞台に戻る。金メダルが期待できる国民的スポーツの合流で、東京五輪はより活気づき、集客面でも追い風が吹く。

 国際オリンピック委員会(IOC)から与えられた特権で、大会組織委員会が最も追加に熱心だったのが野球だ。総会で流したPR映像でも真っ先に登場させ、プロ野球・日本ハムの大谷翔平投手の「全ての選手にとっての夢舞台になる」とのメッセージを流した。

 満場一致での採択となったが、総会で最も不安の目を向けられたのも野球だった。北京五輪を最後に除外され…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです