メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
RIO・リオ五輪

サッカー男子・中島翔哉 帰ってきた「背番号10」 右膝負傷からエースの称号再び

ナイジェリア戦でシュートを放つ中島翔哉=ブラジル・マナウスのアマゾニア・アリーナで2016年8月4日、三浦博之撮影

 【マナウス村上正、伊澤拓也】リオデジャネイロ五輪で、4日夜(日本時間5日午前)に1次リーグ初戦を迎えたサッカー男子の日本。強豪ナイジェリアと計9点を奪い合った末に惜敗したが、4月に負傷して以来、公式戦で久々となるエースナンバー「背番号10」を付けたMF中島翔哉(しょうや)(21)は果敢にゴールに迫った。

 前半23分、身長164センチの小柄な中島が左サイドを切れ味鋭いドリブルで突破し、右足でシュート。惜…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文925文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです