メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

日本男子、団体総合優勝狙う

 体操男子は2004年アテネ五輪以来となる団体総合優勝を狙う。当時、優勝メンバーだった水鳥寿思監督は「僕らはミスをしなかったから金メダルを取れた」と振り返る。代表が決定した6月以降、合宿では試合本番の時間帯などに合わせて練習して、ミスのない演技を追求してきた。

 最大のライバルは中国。アテネ五輪以降は昨年の世界選手権で37年ぶりに優勝するまで中国が頂点に立っていた。昨年の世界選手権では0.859点差で逃げ切ったが、2年前は0.1点差で敗れている。技の難度では中国に分があるだけに、日本は…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです