メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪カヌー

「選んだ道」僧侶と二足のわらじ 矢沢一輝

パドルを力強くこぐ矢沢一輝。僧侶と二足のわらじでリオ五輪に挑む=三浦博之撮影

 【リオデジャネイロ浅妻博之】5日(日本時間6日)に開幕するリオデジャネイロ五輪の日本代表に、僧侶のカヌー選手がいる。長野市の善光寺大勧進に従事する、スラローム男子カヤックシングルの矢沢一輝(かずき)(27)だ。「長時間の正座は今でも痛い。お寺の作法も覚えることがたくさんあるけど、カヌーも僧侶も自分で選んだ道」。自身3回目の五輪は、初めて僧侶との「二足のわらじ」で挑む。

 五輪本番まで1カ月を切った7月中旬。あたりはまだ薄暗い午前5時半の善光寺で、日の出とともに行われる…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです