メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PROMESSA・リオから東京へ

五輪満喫、完璧な演技 体操女子・杉原愛子(16)

 首から下げる選手証のひもにはさまざまな国のピンバッジがぶら下げられていた。「五輪マークの大きなピンは(選手村の)日本棟の近くでもらったんです」と話す。屈託のない笑顔からは、初めての五輪を満喫していることがうかがえる。

 7位で決勝進出を決めた団体総合予選。試合前は緊張したというが、演技が始まると躍動した。最初の種目の跳馬では1番手を務めて、ほぼ完璧な演技で流れを呼び込んだ。その後も大きなミスなく、安定した演技で終えた。

 大阪府出身。4歳の時に姉の影響で体操教室に通い始めた。遊び程度のはずが、鉄棒の蹴上がりができた喜び…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです