メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

完勝日本男子「新しい歴史を作ることができた」

 リオデジャネイロ五輪は第4日の8日、体操男子団体総合では日本が2004年アテネ大会以来、3大会ぶりの金メダル。1960〜70年代の5連覇と合わせ、この種目では通算7回目の優勝になった。

 勝利を確信しながら電光掲示板の結果を見つめていた。ロシアの点数が日本を下回ることが分かると、5人はがっちりと抱き合った。団体総合で2004年アテネ五輪以来、3大会ぶりに「世界一」の座を取り戻した。2位ロシアに2.641点差の完勝。主将の内村航平(27)=コナミスポーツ=は「僕たちは新しい歴史を作ることができた」と満足感を漂わせた。

 「アテネ超え」をテーマに戦ってきた。アテネでは団体総合で28年ぶりに王座を奪還して「体操ニッポン」…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文908文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです