メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

6種目全てに出た内村「まだ認知度は低い」

男子団体決勝での跳馬の演技を終え、ガッツポーズの内村航平=リオデジャネイロのリオ五輪アリーナで2016年8月8日、小川昌宏撮影

 【リオデジャネイロ村上正】 「金メダルはめちゃめちゃ重たい。僕たちの頑張りというものも入っているので倍以上に感じる」

 リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合で8日、日本が3大会ぶりの金メダルを獲得した。主将の内村航平(27)=コナミスポーツ=は6種目全てに出場しチームを頂点に導いた。「体操の魅力を多くの人に知ってもらいたい」。そのために五輪の金が必要だった。

 この日、国内の大会では見せない力の入ったガッツポーズを何度も観客席に見せた。トップバッターとして登…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです