メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪競泳

悔し涙でいっぱい 決勝逃した15歳今井

女子200メートル個人メドレー準決勝、決勝進出を逃した今井月=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月8日、梅村直承撮影

 今年、高校に入学したばかりの15歳が、初めての五輪で貴重な体験を積んだ。女子200メートル個人メドレー準決勝で15位に終わり、決勝進出を逃した今井は「情けないなと思う。ベストを尽くすという厳しさを感じた」。悔し涙でいっぱいになった。

 予選は、不得手にしている2種目めの背泳ぎに力を入れ過ぎてしまい、得意な平泳ぎまでスタミナが行き渡らなかった。準決勝はその反省を生かし、前半を抑え気味にいったが、今度は…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです