メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ラグビー

鬼気迫るタックル 日本が王国撃破

 リオデジャネイロ五輪第5日の9日、今大会から採用されたラグビー7人制の男子が始まり、日本は1次リーグC組の初戦で強豪のニュージーランドを14−12で破り、歴史的初勝利を挙げた。

 日本ラグビー界が2年続けて世界を驚かせた。昨年、英国で行われた15人制ワールドカップ(W杯)で強豪の南アフリカを破って「史上最大の番狂わせ」と呼ばれた勝利から325日。今度は、1924年パリ五輪以来のラグビー復活となったリオの地で、王国ニュージーランドを倒した。

 後半ロスタイムで日本が2点リード。伝統の黒いジャージーが必死の形相で日本ゴールラインに迫る。突破さ…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです