メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪テニス

錦織 日本勢で96年ぶりの準決勝進出

男子シングルス準々決勝、タイブレークの末、ガエル・モンフィスを降し、拳を握りガッツポーズの錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月12日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪第8日の12日、テニスの男子シングルス準々決勝で第4シードの錦織圭(日清食品)は第6シードのモンフィス(フランス)に7−6、4−6、7−6で競り勝ち、初の準決勝進出を果たした。五輪シングルスでの日本勢の4強入りは、1920年アントワープ五輪で銀メダルを獲得した熊谷一弥以来、96…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです