メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

白井 床でミス連鎖止まらず「シライ2」腰砕け

【体操】男子種目別決勝での、白井健三の床運動の演技=リオデジャネイロのリオ五輪アリーナで2016年8月14日、小川昌宏撮影

 リオデジャネイロ五輪第10日の14日、体操は種目別決勝が始まり、男子の床運動で2013、15年世界選手権覇者の白井健三(日体大)は15.366点の4位に終わった。「シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)」などで失敗が相次ぎ、得点が伸びなかった。

 演技を終えた瞬間にメダルを逃すことを覚悟したという。白井は謝るように両手を合わせて、応援団らが集まる観客席を見つめた。心の内を押し隠すかのように淡々とした表情を浮かべていたが、最後に「心の小さなところが出た。自信はあったが、心の底の自分は正直なんだなと思った」とつぶやいた。

 ほころびが生じたのがG難度の大技「リ・ジョンソン」(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)。横回転のひ…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです