メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
五輪テニス

錦織がナダル降し銅 メダルは96年ぶり

【テニス】男子シングルス3位決定戦第3セット、ラファエル・ナダルを破り日の丸を掲げ万感の表情の錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月14日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪第10日の14日、テニス男子シングルス3位決定戦で、第4シードの錦織圭(日清食品)が、第3シードのナダル(スペイン)に6−2、6−7、6−3で勝ち、銅メダルを獲得した。

 日本勢のメダルは、1920年のアントワープ五輪での熊谷一弥が男子シングルスで、熊谷と柏尾誠一郎組がダブルスで…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです