メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

銅の白井、リオは「すてきな10代最後の大会」

体操種目別決勝・跳馬で新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を決める白井健三=リオデジャネイロのリオ五輪アリーナで2016年8月15日、小川昌宏撮影

 【リオデジャネイロ村上正】メダルが決まると胸をなで下ろした。体操男子種目別の跳馬で15日、白井健三(19)=日体大=が銅メダルを獲得した。次世代のエースとして期待され、リオ五輪ではプレッシャーとも闘った。最後は表彰台でにこやかな笑顔を見せ、10代の最後に挑戦した大会を締めくくった。

 8日の団体総合では床運動と跳馬で高得点を出して金メダルに貢献した。しかし、昨年の世界選手権王者として臨んだ14日の種目別床運動は、ミスが相次ぎメダルを逃した。

 迎えた種目別跳馬は2回の演技の平均点で順位がつく。1回目。練習を重ね「絶対やろう」と決めていた新技…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1127文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです