メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RIO・リオ五輪

体操 種目別・男子跳馬 シライ2、ひねり無双 技の名前、壁越えたご褒美

 (第11・12日)

 世界を驚かせた。19歳の白井健三(日体大)が種目別の跳馬で新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を決めた。国際体操連盟(FIG)の技術委員会を経て、跳馬の「シライ2」と認定される見通しだ。正式決定されれば、シライの名の付いた技は床運動3、跳馬2の計五つとなる。

 白井が観客をわくわくさせるのは、エース内村航平(27)=コナミスポーツ=とはまた違う形で日本体操界のDNAを受け継いでいるからだ。内村が日本の美しい体操の象徴ならば、白井は進化を続ける体操の技の難しさを体現してきた。

 「シライ2」はこれまでの伸身ユルチェンコ3回ひねりに、ひねりを半分加えたものだ。これで技の難しさを…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文758文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです