メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

飛び越えた自分の壁 白井、不確実な新技決め

種目別決勝・跳馬で白井健三が決めた新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」。15枚の連続写真を合成=リオデジャネイロで2016年8月15日、小川昌宏撮影

 【リオデジャネイロ村上正】「ゆかで越えられなかったオリンピックの壁を跳馬で越えられた気がします」。体操男子種目別跳馬で15日に銅メダルを獲得した白井健三(19)=日体大=はツイッターでそうつぶやいた。「本命中の本命」とされた前日の種目別床運動でメダルを逃し、このままでは帰れないという思いから、跳馬は難度が高く着地が不確実だった新技を選択した。

 高々と舞い上がり体を3回半ひねって着地すると、自分でもびっくりした。左足は減点されるラインのぎりぎ…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文753文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです