メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

男子重量挙げ ドーピング違反、初のメダル剥奪

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、リオデジャネイロ五輪の重量挙げ男子69キロ級で銅メダルを獲得したイザット・アルティコフ(キルギス)をドーピング検査で興奮剤のストリキニーネに陽性反応を示したために失格処分とし、メダルを剥奪すると発表した。メダリストの違反が発覚するのは初めて。今後、順位の繰り上…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京入管 腹痛男性への診療放置 20時間「容態観察」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部
  4. 大リーグ 大谷、初の4番 自然体で右前打
  5. 業過致死容疑 不妊検査で死亡 担当医ら3人を書類送検へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]