メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪陸上

400リレー銀の山県「歴史を作れてうれしい」

陸上男子400メートルリレー決勝2位となり、日の丸を手に笑顔の日本。(左から)山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥=リオデジャネイロの五輪スタジアムで2016年8月19日、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ岸達也、飯山太郎】陸上男子400メートルリレー決勝で19日、スタートからトップ争いを展開した日本は37秒60のアジア新記録で、この種目初の銀メダルを獲得。世界を驚かせる快走を見せた。

 ゴール後、アンカーのケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=と第3走者の桐生祥秀(20)=東洋大=は電光掲示板に掲示された順位を確認するや、肩を組んでスタンドに向けて拳を突き上げた。

 日本は、決勝も予選と同じ必勝のオーダーで臨んだ。1走はリオ五輪の100メートルで自己ベストを更新し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです