メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官刺され拳銃奪われる 大阪・吹田
五輪レスリング

果たせなかった吉田の引導役…マットソン

女子53キロ級準々決勝を戦うスウェーデンのソフィア・マットソン=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月18日、和田大典撮影

 霊長類最強の女を倒す大本命。そうささやかれたレスリング女子53キロ級スウェーデン代表、ソフィア・マットソン(26)は、吉田沙保里(33)との決勝という「指定席」をヘレン・マルーリス(米国)に奪われ、女王の座から引きずり降ろす役もさらわれた。

ソフィア・マットソン(26)…女子53キロ級スウェーデン

 世界選手権で3年連続決勝で吉田に敗れ、2位の座に甘んじてきたマットソンは、姉もリオデジャネイロ五輪58キロ級に出場したレスリング一家の育ち。ジュニアの世界チャンピオンを経て初めてシニアの欧州選手権に出た2007年、大会で「ミス・ヨーロッパ」に選ばれたが、「私はレスリングをしに来ている」と「かわい子ちゃん賞」を拒否した逸話を持つ。

 吉田と同じ階級で戦うようになった13年世界選手権は0−5。14年は0−6。歯が立たなかったが、昨年…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 全国高校女子硬式野球選手権 神戸弘陵、初戦は室戸 /兵庫

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです