メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
五輪レスリング

果たせなかった吉田の引導役…マットソン

女子53キロ級準々決勝を戦うスウェーデンのソフィア・マットソン=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月18日、和田大典撮影

 霊長類最強の女を倒す大本命。そうささやかれたレスリング女子53キロ級スウェーデン代表、ソフィア・マットソン(26)は、吉田沙保里(33)との決勝という「指定席」をヘレン・マルーリス(米国)に奪われ、女王の座から引きずり降ろす役もさらわれた。

ソフィア・マットソン(26)…女子53キロ級スウェーデン

 世界選手権で3年連続決勝で吉田に敗れ、2位の座に甘んじてきたマットソンは、姉もリオデジャネイロ五輪58キロ級に出場したレスリング一家の育ち。ジュニアの世界チャンピオンを経て初めてシニアの欧州選手権に出た2007年、大会で「ミス・ヨーロッパ」に選ばれたが、「私はレスリングをしに来ている」と「かわい子ちゃん賞」を拒否した逸話を持つ。

 吉田と同じ階級で戦うようになった13年世界選手権は0−5。14年は0−6。歯が立たなかったが、昨年…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文882文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 勝敗は細部にあり 好走塁光る仙台育英、6歩のリードに見る須江監督の教え

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです