メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪陸上

ボルトに迫った…日本400リレー銀

陸上男子400メートルリレー決勝で力走するアンカーのケンブリッジ飛鳥。右はジャマイカのウサイン・ボルト=リオデジャネイロの五輪スタジアムで2016年8月19日、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ新井隆一】リオデジャネイロ五輪第15日の19日、陸上の男子400メートルリレー決勝で、山県亮太(24)、飯塚翔太(25)、桐生祥秀(20)、ケンブリッジ飛鳥(23)の日本は、37秒60で銀メダルに輝いた。この種目でのメダルは2008年北京五輪の「銅」以来で、「銀」は初めて。予選で出したアジア記録を0秒08更新した。37秒27で制したジャマイカの第4走者、ウサイン・ボルトは100メートル、200メートルと合わせ3大会連続3冠を達成した。

 「最高の時間」だった。日本のアンカーのケンブリッジは桐生からバトンを受けると、五輪ラストレースを飾…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです