メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2016

リオ、日本最多メダル 五輪「国策」で躍進 予算最高324億円/「ゴールドプラン」

 リオデジャネイロ五輪は21日、閉幕する。日本選手団は20日終了時点で、過去最多のメダル総数41個(金12、銀8、銅21)を獲得。活躍を追い風に2020年東京五輪に向けて国策によるスポーツの強化が進みそうだ。大会は会場の空席が最後まで埋まらず運営トラブルも目立ったが、国際オリンピック委員会(IOC)の収入の柱となるテレビ放映権料は好調な数字が公表され、テレビに映る五輪は成功を収めている。【リオデジャネイロ藤野智成】

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は誇らしげに日本選手団の成績を総括した。「大きな成功…

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2078文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです